横浜のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ|横浜編】

口下手で沈黙が出来てしまう

お悩み相談室:うまく話せないので沈黙が辛い…

うまく話せないので沈黙が辛い…

Q:もともと口下手な自分は特に女性の前に出るとうまく話せなくなってしまいます。話題がブツ切りになって沈黙……。婚活パーティーで女性に声をかけても結局会話が続かずうまくいきません。(29歳男性)

 

A:「異性との会話がうまく続かない」「沈黙が怖い」 この悩みは本当によく聞きますね。中には生まれついてトーク術に長けている人もいるでしょうけど、多くの人が「意識すればする程、うまく会話ができない」と悩んでいるみたいです。

 

バツイチ向けの婚活パーティーについて

具体的なアドバイスとしては、

 

・コネタを用意しておく
・沈黙を恐れない
・「口べたで」と先に告白してしまう

 

こんなところでしょうか。コネタは誰でも違和感なく話せるような、お天気の話からスポーツの話題、ちょっと気になったニュースなどがいいですね。サイトなんかでも会話に使える「コネタ、プチネタ」集があったりしますし、スマホでニュースをチェックしておくのもいいですね。

 

婚活パーティーではプロフィールカードをもとにお相手の趣味なんかを話題に出す事が多いと思いますけど、それが尽きちゃったり話題が広がらなかったら仕込んでおいたコネタで勝負。

 

ただ、意識としてはあんまり「沈黙」を恐れないほうがいいのではないかと思います。普通の友だち同士の会話でも、ふっと会話が続かなくなる瞬間があるのが当たり前でしょう? 変に「沈黙しないように、沈黙しないように」と意識してしまうと会話そのものが楽しめなくなりますよ。実際に「楽しめていない会話」だったら、結局相手も楽しくないでしょうから。

 

わたしとしては最後の「口べたと先に告白してしまう」方法がオススメ。異性に声をかけたり、かけてもらった時点で、まず肩の力をぬいてお相手の目線をちゃんと捉えてみましょう。それで笑顔になって、「実はちょっと口べたで……緊張しているんです」とストレートに告白。

 

率直な言葉に対して、人は好感を持つものです。そうすれば相手のほうが「会話をリードしてあげよう」と思ってくれるかもしれませんし、例えちょっとギクシャクしてしまっても「緊張しているんだな」と好意的な解釈をしてくれるでしょうから。

 

確かに婚活パーティーでは「会話が盛り上がる」ことは大切なポイント。でもうまく話せない事ばかりを気にしすぎないで、ムリをせず「いつもの自分」を相手にさらけ出してしまうのも悪くないですよ。口下手な人には口下手な人の魅力があるものです。無口な人やおとなしい感じの人がイイ、という人も世の中にはたくさんいるのですから。

 

マダムみさきの婚活攻略アフォリムズ

「沈黙は金 雄弁は銀」

もとはヨーロッパのことわざらしいのですが、じつは沈黙のほうが雄弁よりも上? 口べただからといって婚活では絶対に不利というわけでもありません。


>>マダムみさきの婚活お悩み相談一覧へ戻る

お見合いパーティー一覧

パーティー業者の紹介

婚活の基本

続きを見る

お問い合わせ


/*YDNタグ*/