横浜のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ|横浜編】

お見合いパーティーで気に入る人が居なかったら?

 

アプローチカードは必ず記入しないとダメ?

婚活パーティーで気になる相手がいなかったら

婚活パーティーを主催している会社によっても違いますが、基本的には「記入して下さい」というスタンスだと思います。

 

気に入った相手にアプローチするためのカードですから、「好みのタイプがいない」場合に書きたくないという場合もあるかもしれません。

 

絶対に記入しなくてはならない・記入しないと罰則があるというような事はもちろんありませんが、できればなるべく利用したほうが良いと思います。

 

婚活をうまく行かせるようにするには

婚活では
1・出会いのチャンスが多いほうがうまくいく
2・そのチャンスをできるだけ多くつかむ

ことが大切です。婚活パーティーに参加した時点で「出会いのチャンス」を得たのですから、参加したらできるだけそのチャンスを生かしたほうが婚活がうまくいきます。

 

アプローチカードや投票カードは、相手に対する意思表示として最も有効です。相手も指名されて悪い気はしないはずですし、それまで意識していなかった人でもアプローチカードによって「あ、あの人は自分に好印象もってくれているんだ」と改めて見直す機会にもなります。

 

「絶対にこの人!」と思えるような、第一印象から自分の理想のタイプとわかる出会いはそうそうありません。会話をしてなんとなく気が合いそうだ、とか、ぱっと見た感じ印象が良い、誠実そうな人だなぁ、可愛い人だなぁというプラスのイメージがひとつでもあれば、ぜひアプローチカードや投票カードを利用して相手に「もっと話してみたい」という気持ちを伝えましょう。

 

お勧めの婚活パーティー

例えば、ホワイトキーの横浜会場で開催されている婚活パーティーではアプローチカードは3人まで使えます。簡単なメッセージとアドレスなど連絡先を記入できます。アプローチカードは一方的に渡すものですから、必ずしも相手から連絡が来るというわけではありません。

 

とはいえ短時間の婚活パーティー内ではカップル指名できる程には相手の印象がわからないという事も多く、でも「もうちょっと話してみたら結果が違うかも」という場面はよくあります。こうした場面でアプローチカードはとても有効です。

 

婚活パーティーに参加して出会いのチャンスはあっても、結果的に「その場で終わり」では恋愛まで進みません。その場でカップルになろうと決断できないシチュエーションのほうが多いはずですから、アプローチカードは上手に利用したいですね。

 

 

婚活パーティーで会話を続けるには?

 

パートナー探しを頑張るなら横浜の婚活パーティーへ>>

 

 

お見合いパーティー一覧

パーティー業者の紹介

婚活の基本

続きを見る

お問い合わせ


/*YDNタグ*/